工場で働く際の求人の探し方と仕事内容は?

Written by:


工場の仕事には期間を定めた仕事も多い

工場で働く際には、求人サイトを眺めて職探しをする場合も多いことでしょう。一般的に工場求人と呼ばれる仕事の中には、メーカーや食品工場で働くケースが多いものです。工場のなかには、自動車メーカーのように、地方の工場で期間を定めて働くケースも珍しくはありません。街中の工場で働く場合とは違い、工場の近辺にある寮に住み込みで働く形にはなりますが、多くの求人で高待遇での募集が行われていたりもします。一般的に、自動車メーカーなどで、期間を定めた形で働く工場の仕事は期間工とも呼ばれています。

期間工で働く際の生活環境

期間工で就業する間は、工場近辺の寮に住み込みで働く形になります。多くの寮では、入居してすぐに使える家具や家電が備わり、着替えなどの衣類を持ち込むだけで、すぐに現地での生活を送れるようになっています。寮によっては食事が提供されるケースもあり、働く間は生活費の心配をする必要もありません。短期間で貯蓄を作りたい方には、住み込みで働ける工場勤務である期間工は、良い仕事になるでしょう。

期間工への応募方法は?

期間工で働く際には、メーカーが定期的に募集する時期に応募を行うか、期間工の斡旋を行っている派遣会社への登録を行う形で進めるのが一般的です。メーカーが開催する求人イベントの情報は、ホームページ上へ掲載されています。自分で働きたいと考えるメーカーのサイトをチェックしながら、募集が行われているタイミングで応募を進めましょう。メーカーでの募集とは違い、派遣会社の場合には、年間を通じて募集しているケースも多いものです。現地の工場で欠員が出た場合や、増産計画が進んだ際の対応が主ではありますが、働きたいタイミングで就労することが可能になっています。

期間満了時には慰労金が支給される

期間工で働く際には、半年から一年に亘って働く形が一般的です。契約期間が終了した際には、給与とは別に、期間が満了したことに対する慰労金が支給されるケースも多く見られます。メーカーによっては、百万円以上もの高額の慰労金が支給される場合もあったりします。生活費をかけることなく働け、多くの貯金を作れる点が期間工の魅力です。

面接の際に聞かれる内容は?

期間工の面接では、志望動機や健康面の質問をされることが多いものです。工場での勤務とは言っても、女性や高齢者でも働けるように、極端に体力を求められる仕事ではありません。遠隔地での住み込みの仕事に抵抗がないことと、健康面に不安がないことをアピールさえできれば、問題なく面接を突破できることでしょう。

utエイムの求人情報なら