保育士の仕事の探し方や選ぶ時のチェックポイントを解説

Written by:


保育士の仕事を見つける方法

保育士の求人を探す方法としては、ハローワークの利用や求人・転職サイトの利用などが考えられます。ハローワークで仕事を探すメリットは、地元の求人が多く見つけられることです。求人の紹介に加えて職業訓練も受けられます。保育園側にとっては求人を出すのにコストがかからず、ハローワークにしか求人を出していない施設もありますが、求人内容と実態が一致しないケースもあるので注意してください。求人サイトや転職サイトには、給与や待遇などの自分の希望に沿った求人を検索できるメリットがあります。保育園に特化した専門のサイトなら条件の良い非公開求人を見つけられるかもしれません。注意点としては、サポートが利用できないサイトがあることが挙げられます。会社とのやり取りを自分で行う必要があるので、不安があるのなら十分なサポートを受けられるサイトを選ぶのがおすすめです。

仕事を探すときに確認したいポイント

求人を比較する際にチェックしておきたいポイントの一つが、園の方針です。自分が目指している保育が園や園長の方針とかみ合っていないと、働き続けるのはつらいものがあります。自分がどんな保育を理想としているのかをしっかり考えたうえで、仕事を探すのが良いでしょう。また、通勤のしやすさも重要です。早番や遅番がある仕事なので、なるべくストレスなく通勤できると良いでしょう。マイカーやバイクでの通勤が可能かどうかは忘れずに確認しておきます。電車通勤の場合では、最寄り駅や駅からのアクセスについて調べておきましょう。給与や手当も重要なポイントです。住宅手当や家族手当があるかないかでは、1か月あたりの金額が少なかったとしても1年で計算すると大きな差になります。残業手当の扱いについても確認してください。固定給にみなし残業代が含まれているようなケースもあるので、しっかりチェックしましょう。調べておきたいポイントは様々なものがありますが、自分の中で何を重視するかを決定し、優先順位をつけて仕事を見つけていくのが大切です。

職場の雰囲気を知る方法

職場のことについてしっかり調べたいのなら、園見学が良い方法です。園の雰囲気も働く前に自分の目で確認できるので、実際に働いてからギャップを感じることが少なくなります。他の職員の人柄や人間関係も確認できますよ。保育士の年齢比のチェックしておきたいです。職員がベテランばかりの場合では、新しい保育士が定着しにくい職場である可能性が考えられるので、働きやすい環境を求めるのならバランスの良い職場を選ぶようにしましょう。

保育士の派遣を大阪で検討する時には、保育園と保育士双方のニーズをマッチングできる派遣会社の利用を選ぶと、子どもたちを育む環境を整えることができます。