ドライバーとして稼げる仕事は意外とあります

Written by:


大企業の重役の専属運転手

ドライバーは稼げない仕事かと思われがちですが、意外と稼げる仕事です。

まず、大企業の重役の専属ドライバーです。この仕事は厳密に言いますと、大企業の重役専属の専属ドライバ派遣をしている企業と雇用形態を結びます。

その後、大企業へ専属ドライバーとして派遣されて、重役を乗せて運転します。ここで気を付けたいのは、重役が乗車しているのでタクシーみたいに不特定多数を相手にしていると考えないことです。重役が乗り降りするときはドアの開閉をしないといけませんし、車内の空調にも気を配らないといけません。重役が気に食わないと思われてしまいますと、ドライバーを変えろと言われてしまいますので、常に気を配って仕事をしないといけません。

ここまでですと、ストレスがたまりやすい仕事と思われますが、重役が外回りで先方様へ行って帰ってくるまでの間は自由時間みたいなものですので、実質的な労働時間は重役を乗せて運転している時間だけですので、意外と短いです。それでタクシードライバーより稼げる仕事ですので、土地勘がなくてタクシードライバーになるよりかは良い仕事といえます。

二種免許がいらない仕事

この役員専属ドライバーは、タクシードライバーやハイヤードライバーのように二種免許がいらなく普通免許さえもっていればできる仕事です。

ただし、乗せているのがいつも決まった重役ですので重役との相性の問題もありますが、移動している静かなオフィスと考えていますので、運転する側は静寂で快適な空間として運転しなければなりません。

この専属ドライバーは、意外と多くの企業が募集をかけていて求人媒体でも多く見かける機会が多いです。企業が直接募集していることは皆無です。

まず、この専属ドライバーを専門としている所へ応募して面接を受けるところから始まります。そこで内定を得たらさっそく乗務開始とはなりません。

各企業には徹底したマニュアルがあり、それを基にして研修がはじまります。特に役員運転手の場合は他の業種と違い経験や年季が問われる仕事です。これはある程度経験を積んでいる人のほうが役員も安心できるからです。そして、守秘義務を守れるかも問われます。特に口の軽い人の場合はこの仕事には向いておらず、守秘義務をきちんと守れる口が堅い人が歓迎されます。

そして、年齢に見合った落ち着き、礼儀作法、気配り、知識も求められます。

これらの研修が終わって、初めて大企業に役員付き運転手として派遣されて、勤務開始となります。

運転手の派遣では、トラックやバスの運転の依頼もあるため、普通自動車免許の他にも、大型自動車や中型自動車を運転できる免許があれば、仕事の幅も広がります。