どんな仕事をするの?プラント求人の仕事内容と求人の探し方

Written by:


プラントの仕事内容と求人の条件

日本には数多くの仕事がある中で、一般に知られていない特殊な職種も多くあります。その一つが部品などを始めとした様々な物を生産する向上の保守点検を行うプラントです。保守点検とは文字通り製造ラインを担う機械が正確に作動するように定期的に確認を行ったり、何かしらの原因で不具合が起きてしまった場合に修理を行う仕事になります。機械の構造は一つひとつ異なるため、幅広い知識や修理の技術を身に付けていなければいけません。こうした理由から一見すると採用のハードルが高そうにも感じられますが、やる気があれば未経験の人でも働くことはできます。業者によっては点検だけでなく、機械の運搬や設置などの作業を請け負う所もあるので、修理よりも体力や腕力に自信があるという人でも就業は可能です。

プラント求人に応募をする時の見極めのポイント

物作り大国と言われる日本では自動車や電子部品など様々な製品が日々作られていて、それに伴いプラントとして活躍できる場所もたくさんあります。そのため、他の業種に比べて仕事を探しやすいというメリットがありますが、選択肢が多いことで頭を悩ませてしまうケースも少なくありません。プラントの求人を探す上で重要となるのが給料です。仕事内容や会社によって月々の給料やボーナスなどの手当は異なり、年収も200万円から500万円と幅が広くなっています。長く勤める上でこの点は大きなポイントとなるので、仕事内容はもちろん、休日や就労時間といった様々な条件から照らし合わせて考慮しなくてはいけません。

もう一つのポイントが資格の有無です。一口に保守点検と言っても、電気関係など機械によっては専門の資格を持っていなければ作業ができない物もあります。資格が必要な場合でも会社によっては採用後に費用を出して資格を取らせてくれる所もあるので、事前に確認をしておくことが大切です。

求人に掲載されている情報以外も確認する

これはプラントに限った話ではありませんが、求人情報だけでは分からない部分も仕事選びでは重要になります。中でも注視しなくてはいけないのが人間関係です。プラントの仕事は個人で行う保守点検だけでなく、複数の人間が協力し合って行う設置や運搬作業もあります。コミュニケーションが取れていないとこうした作業を円滑に進めていくことはできません。福利厚生や仕事内容に不満はなくても、職場に馴染めずに良好な人間関係を築けずに孤立して仕事を辞めてしまうケースは多くあります。職場見学などで前以て現場の雰囲気を知っておくことが大切です。

プラントの転職は登録することで一流ヘッドハンターや、大手企業のスカウトを受け取れる選ばれた人だけの転職サイトがあります。