トラックドライバーの仕事を見つける時に求人選びで注意すべきことは?

Written by:


それぞれの運送会社で必要とされる免許を調べよう

トラックドライバーとして運送会社で仕事を始めたい時には、業界内で評判が良い会社のドライバーが仕事上で必要とされる免許についてよく調べておくことが大切です。特に、大型トラックのドライバーになるためには、求人に応募をする前に大型二種の免許の取得を求められるケースも少なくないため、余裕を持って準備を始めることがポイントです。最近では、仕事上で主に使用するトラックの種類について、求職者向けに自社のホームページや求人票などに記載している運送会社も多くあるため、早いうちから志望企業の事情を把握するのがおすすめです。なお、業績がよく幅広い年齢層のトラックドライバーが勤務している運送会社の中には、大型二種の免許持たない人を対象に、教習所に通うための費用を援助しているところもあります。

そのため、なるべく免許取得のための費用を安く済ませたい人は、求職者の間で人気がある運送会社の求人を優先的にチェックすると良いでしょう。

正社員求人を選ぶ時は労働時間と待機時間を確認しよう

トラックドライバーの正社員求人を選ぶ時は、荷物の量や他のドライバーの出勤状況によって、オーバーワークの状態になってしまうことがないよう注意することが大事です。そこで、トラックドライバーの求人がたくさん載っている転職サイトなどを利用して、気になる運送会社のドライバーの労働時間や待機時間を確認することがおすすめです。たとえば、全国に多くの顧客を抱える運送会社に正社員のトラックドライバーとして就職をする場合には、労働時間が長くなったり、残業を任されたりする機会が多くなる傾向があります。そうした中、少しでもプライベートの時間を確保したい人は、なるべく希望通りに休憩時間を取れるところや、有給休暇の消化率が高いところを勤務先の候補に決めることが重要です。

定年まで不満なく働くには待遇面にもこだわろう

定年まで不満なくトラックドライバーの仕事を続けたい人は、基本給や各種手当、ボーナス、福利厚生といった待遇面にもこだわって職場を見つけることがポイントです。大手の運送会社の中には、トラックドライバーの定着率を高めるために、新卒者からベテランまで仕事内容に応じた給料を設定したり、仕事を通じてキャリアップができる仕組みを整えたりしているところも少なくありません。また、処遇改善に努めている運送会社においては、正社員の他に契約社員やパートのドライバーを採用して、一人ひとりのドライバーの業務の負担をできるだけ軽減しようとしているところもあります。

トラックドライバーの求人は資格を保有していると、処遇に反映されます。フォークリフトやクレーンなどがあります。