恵まれた条件で期間工として働くには何が重要なの?

Written by:


基本給や満了慰労金の金額にこだわろう

期間工は、工場の仕事の経験がない人や、高度な専門知識や資格がない人も採用されやすく、勤務先によっては短期間で高収入を得やすいといったメリットがあります。そのため、少しでも良い条件で期間工の仕事を始めたい場合には、各地の工場の期間工の基本給や満了慰労金の金額を比較するのがおすすめです。一般的に、業績が良く様々な雇用形態のスタッフが在籍している工場においては、給料が良い職場が多くあり、幅広い年代の求職者の間で人気が出る傾向が見られます。また、仕事上の成果や勤務態度によっては、基本給や満了慰労金の他にも、様々な形で特別な手当の支給を受けられるところもあります。その他、職場選びの際に、じっくりと興味がある工場の給料のシステムを理解しておきましょう。

生活費を安く抑えたい人は寮付きの工場を選ぼう

自動車や工業製品などを扱う工場の中には、正社員だけでなく期間工に対しても社員寮を提供しているところが多くあり、自分で賃貸物件を契約する場合と比べて生活費を安く抑えることが可能です。大手企業の工場においては、期間工が快適に生活できるように、社員寮のプライベートの空間の確保に力を入れたり、最新型の家電製品や家具を用意したりしているところもあります。また、勤続期間や勤怠などの一定の条件を満たす期間工を対象に、寮費を無料にしている工場もあります。なお、勤務先によっては社員寮に入居可能な期間工の人数が限られることもあるため、採用面接を受ける際に希望通りに社員寮を利用できるかどうか担当者に確認を取ることが重要です。

安定収入を得たい人は正社員登用の可否も調べよう

大人数の期間工が働いている工場の中には、能力が高い人や勤務態度がまじめな人を対象に年に数回の正社員登用を行っているところもあります。そこで、将来的に安定収入を得たい人は、求職中に期間工から正社員への登用制度があるかどうか調べておくと良いでしょう。正社員登用の条件については、勤務先の業績や正社員の欠員状況、配属先などによっても異なるため、余裕を持って必要な情報を集めることが肝心です。工場によっては、期間工から正社員になるために業務にかかわりがある資格や免許の取得を義務付けたり、外部の研修会やセミナーの受講が必要となったりすることもあります。

そうした中、少しでも正社員登用の可能性が高い工場を見つけるうえで、長年にわたって経営状態が安定している工場の求人を多く扱っている転職サイトを使ったり、人材紹介会社に直接相談したりすると良いでしょう。

期間工として働きたいと考えている場合のポイントの1つが、どのような条件で働くのかという点です。同じように見えても求人条件は異なるので、個別にチェックして検討しましょう。