就職で失敗しないための求人選びについて紹介

Written by:


会社の口コミをチェックする

就職でもし自分が働きにくい職場で勤務した場合は、仕事が長続きせずにすぐに転職しなければいけない状況になります。さらに、転職の採用試験でなぜ前職をすぐに退社したのかを聞かれることになり、返答次第で大きなマイナスになってしまいます。そこで、就職の求人選びで失敗しないためには、自分が応募しようとする職場の口コミをチェックしましょう。会社の口コミの中には、実際にその会社で勤務した人の感想などが記載されていることもあり、労働環境や待遇面などを把握できることがあります。

もし、口コミで残業代が支給されない、労働時間が長いなどマイナス面ばかり記載されているとその職場はブラック企業の可能性も高くなるので応募しないようにします。口コミをチェックするだけで働きにくい職場を選ぶリスクが下がりますよね。

求人情報の記載している一言に注目する

就職の求人情報を見る時には、会社が記載している一言文章に注目する事が大事です。少しでも応募者を集めるために会社の特徴や求めている人材などを求人情報でアピールしていることがあります。例えば、「やる気がある方歓迎」や「アートホームな会社」などのようにアピールしています。「やる気がある方歓迎」というのは、経験がなくても自分のやる気を面接でアピールすれば採用される可能性が高いです。しかし、この言葉は他の意味がある場合もあり、例えば仕事がハードだったり求められる事が多かったりなど苦労する職場の事もたまにあります。

また、「アットホームな会社」とアピールしている場合は職場の人の仲が良くて働きやすい会社の事も多いですが会社の飲み会が多かったり、社内旅行などが多く計画されているなど自分のプライベートが削られる会社もあります。このように、求人情報に気になる一言が記載されていたら、その会社について良く調べてから求人に応募しましょう。

完全歩合制の求人を避ける事

就職で失敗しないためには、完全歩合制の職場を選ばないようにする事が1つのポイントです。完全歩合制の場合は、自分の仕事の成果によって給料が大きく変わるという事です。例えば営業職の場合だと、多く契約を取ることができれば高額の給料が支給されたり、昇進しやすくなるなど大きなプラス要素があります。しかし、もし仕事の成果が悪かった場合は一か月の給料が少なくなり上司からもっと成果を出すように指導されることもあるでしょう。

完全歩合制は、仕事の成果がでなかった時に大きなマイナスになりますし、給料が不安定になりやすいので安定した給料を確保したいのならおすすめできないです。逆に、固定給だと毎月決まった給料が支給されるので、安心して給料日を迎えることができますよね。

施工管理の派遣依頼なら、派遣会社を通して人材を紹介してもらうのが良いですが、最初にアクションを起こしてから反応が早いところの方が良いです。