大手コンビニエンスストアの食品工場で働いてみましょう!

Written by:


食品工場はどんな仕事があるのか

食品工場は、全国各地に点在していますが、その中でも大手コンビニエンスストアに商品を提供している工場は、多くのアルバイトを雇っています。アルバイトは、工場が直接雇用するケースや、需要がアップする時期に限って、短期的に人員を確保するケース(1日から働ける派遣会社のスタッフに来てもらう)などがあります。コンビニエンスストア向け食品工場は、365日・24時間稼働が基本となっていますので、夜勤・朝勤・日勤といった勤務体系に分かれています。夜勤は、一部工場で半日程度働ける事から、一回の勤務で1万円以上稼げる事もあります。アルバイトの仕事内容は、弁当・おかず・おにぎり・パン・デザートを始めとしたコンビニエンスストアの主要メニューを作る作業に加えて、各種容器や食材の管理を行う部署で働く事もあります。

製造ラインのアルバイトが多い

主要メニューを作るアルバイトは、製造ラインの流れ作業に配置される事が多く、弁当を作る場合は、1人が1つのおかずを専門的に詰める作業を担当しますので、一定の集中力や長時間立っていられる体力が必要となります。おかずが多い製造ラインは、チームワークも大切になっており、ミスをしてしまうと作業効率が下がってしまう事にも注意しながら作業を進めましょう。

なお、工場内は衛生面(食材管理や食中毒防止)を重視している関係で冷蔵庫と同等の室温を常に保っています。長時間の冷えが気になる方は、作業着の下に薄手の保温下着を上下で着用しておく事をおすすめします。

神奈川の工場の求人は時間的な部分を自由に選ぶ事もできて、工場内には食堂もあり福利厚生も整っています。