安定していて確実!食品工場で働くってどんな感じ?

Written by:


食品工場の仕事の選び方は?私にもできる?

まずは食品を扱う工場の仕事を選ぶか、という点から考えると、最も重要なことは衛生管理への協力です。自身の衛生管理はもちろん、作業場所にも配慮し常に衛生的でなければなりません。この点で自信がない場合は食品工場の仕事は選ばないほうが無難でしょう。

食品工場といっても、その種類はさまざまです。缶詰などの加工食品工場、食パンや菓子パンなどの製パン工場、お弁当やお惣菜などの工場、お菓子工場、他にも挙げるとキリがありませんが、分類するポイントがひとつあります。手作業による加工調理の有無です。料理やお菓子作りの経験がある、好きである、という人は加工調理の多い食品工場の仕事も選べますが、そうでない人は機械化が進んでいる食品工場をお勧めします。

食品工場での働き方は?軽作業それとも重労働?

従業員の男女比は、工場によって差があると思いますが女性の比率が高いです。女性が主に調理加工作業に、男性は原材料や完成品の運搬、加工ラインの機器メンテナンスなどに就くことが多いですが、男性でも調理加工に就くこともあります。

日中しか稼働しない工場の場合は該当しませんが、製造ラインを止めない工場ではシフト勤務もあるので、夜勤を選択することも可能です。夜勤は割増賃金となるので、稼ぐことを優先する人にはお勧めかもしれません。

食品工場で働くメリット・デメリット

食品工場で働くメリット・デメリットを挙げてみました。メリットの代表例は、従業員向けの福利厚生として、その工場の製品を安価に購入できるのが一般的です。また、社会に広く食品を提供するので社会貢献の満足度を得られることも挙げられます。一方のデメリットですが、同じ姿勢での作業による腰痛や調理上の加熱・冷却による体調不良といった健康への懸念が挙げられます。

住み込みの求人とは、寮や職場などに泊まり込みながら働ける職場の求人です。家賃などを抑えて働けるのが特徴です。