工場で働こう!工場バイトの魅力3選を紹介

Written by:


物を世に送り出しているという感動

工場で働いていると、毎日多くの物を世に送り出します。食品であれ工業製品であれ、誰かの役に立ちます。直接感謝される仕事ではありませんが、間違いなく世の中の誰かに役立っているという事実は働き甲斐を増してくれます。

その中で、不良品など間違った物を送り出してしまうとクレームという形で返ってくるので損失になります。機械で製造している以上、稀に不良品が発生するのは仕方ないので慎重に検品しなければいけません。

工業系の様々な知識が身につく

工場でのバイトは検品や梱包が中心ではありますが、慣れてくると機械の設定などの業務が増えるかもしれません。機械の設定は工具を使用するので、必然的に工具の扱いが上手くなります。最初は上手くいかないかもしれませんが、コツを掴めば機械の癖などが分かってきてスキルも上がります。もっと勤続すると、どのようにラインを構成するかなど業務も複雑になってくる可能性があります。単純な仕事だけでなく、スキルによってどんどんステップアップできる点も魅力の一つです。

対人関係の気苦労は少ない

例えば営業などの対人仕事は、相手の機嫌が悪いだけで交渉が難航しますしストレスも多くなります。しかし工場の仕事は人とのコミュニケーションもありますが機械と接する時間が多いです。機械はもちろん機嫌などありませんので、もし不良品が多い場合は機械の設定に問題があるとすぐ分かります。機械の設定が完璧であれば、より良い物が出来上がるのです。対人仕事が苦手という方も働きやすいです。

大阪の工場の求人は自動車の組み立てのような従来の仕事から、電子部品の検品のような軽作業まで、様々な仕事が揃っています。