ホテル感覚で利用できる!マンスリーマンションで始める新生活

Written by:


引越しの手間と費用を省くには

賃貸住宅に入居する時は、敷金や礼金をはじめとして仲介手数料や火災保険料など、多額の初期費用が必要になります。

加えて、進学や就学などを期に初めてひとり暮らしをはじめる人にとっては、家財道具を揃えるのにかなりの出費を覚悟しなければなりません。ベッドや寝具は実家で使っていたものをそのまま運べるとしても、冷蔵庫や洗濯機、食卓などは新規に購入するのが一般的です。

ただ、工夫次第ではこうした費用を大幅に節約することも可能です。その工夫とは、マンスリーマンションを利用することです。通常の賃貸物件よりも手軽に使えるマンスリーマンションは、大学生や新社会人はもちろんのこと、期間限定のひとり暮らし、すなわち単身赴任者にとっても便利な存在です。

ほとんど手ぶらで新生活をスタート

マンスリーマンションは、月単位での入居契約ができる賃貸マンションです。短期間の利用を想定しているため、引越しの手間が省けるよう家具や家電が部屋に備え付けになっているのが一般的です。中には食器や調理器具、リネン類などが揃っているところもあり、カバン1つで越してきてもその日のうちに新生活を始めることが可能です。

引越しに際してまずは費用を節約したい、自前の家財道具は余裕ができてから少しずつ揃えたい、といった考えを持つ人にとっては、当面の落ち着き先としてマンスリーマンションを利用するのがおすすめです。もちろん、部屋が気に入ればそのままずっと住み続けるのもいいでしょう。マンスリーマンションはホテルに近い感覚で利用できるので、予約などが入っていなければ「延泊」も可能なのです。

マンスリーマンションは数週間から数か月単位の料金で借りられます。普通のマンションを借りるには敷金や礼金を必要とする場合が多いので、短期間の滞在ではお得になっています。